レンタルできるコピー機は性能が良いのか

パソコンやタブレット端末が普及しているおかげで、オフィスではペーパーレスが進んでいます。しかし、紙の資料が必要な場面というのはまだ残っていますから、コピー機はオフィスになくてはならない存在です。そんなコピー機ですが、業務用を買うとなれば高ければ数百万円もかかります。それだけのお金を一括で支払えない企業はどうするかというと、月額料金を支払ってレンタルするのが一般的です。

購入しようがレンタルであろうが、紙の資料を印刷できるのであれば問題はありません。それにコピー機の保守管理契約も一緒に結ぶので、日常的な使用で壊れたときには追加費用がかからないという魅力があります。ただ、使い勝手良いかと言うとまた別の話です。コピー機のレンタルで借りられる製品は、最新機種もあれば何世代か前の中古機種もあります。

最新機種ならば、印刷のスピードや印刷の画質は優れているので快適でしょうが、中古機種だと遅く不鮮明な印刷しかできないものもあります。それならば、最新機種を借りればいいという話でしょうが、そうなると月額料金が高くなり維持費が大きな負担になります。多少月額料金が高くなろうとも、仕事の効率を考えるならば最新機種を選びましょう。でも、お金を節約したいならば、不便さを感じようが中古機種で我慢するしかありません。

とはいえ壊れているコピー機をレンタルするわけではないので、仕事が出来ないわけではありません。その点を割り切れば、中古機種でも十分に満足できます。