コストを抑えるコピー機レンタル

イベントや選挙や建設現場など期間が限定されている場合で、コピー機を使用するならリース契約より中途解約が可能であるコピー機レンタルがおすすめです。コピー機レンタルは数日から1年と借りることができて、機械代やトナー料金もかからないのでコストを安くすることができて長期間借りることも可能です。また中途解約しても違約金もなく万一故障した場合もメーカーがメンテナンスも行ってくれるので、安心して利用することができます。そしてコピー機レンタルを使用する場面としては、例えば選挙事務所ならマニフェストやチラシを印刷するのに重宝できますし建築現場事務所では図面印刷に役立ちます。

それにリースと違って審査がないので、ビジネスを立ち上げたばかりで信用が少なくても利用できるのでレンタルは有利と言えます。さらに機械を購入するとなると中古品でも高額になりますが、月払いなので費用を抑えることができるしリースと同じように保守契約を結べます。それから業務で使用するなら品質や耐久性の面でも家庭用のプリンターで代用するのは難しく、かえって印刷代などが高くつくことがあります。そのうえでかかる費用について説明すると、1日あたりにかかる本体料金が19000円ぐらいでカウンター料金が1枚あたりモノクロ5.5円カラー23円となります。

コピー機レンタルサービスでは見積や不明な点について、電話やメールで親切丁寧に対応しているので気軽に連絡してみるといいです。