企業のカレンダー印刷の目的と方法

年末に差しかかる時期になると、多くの企業が取引先を中心にあいさつ回りをするという習慣があります。その際に手土産として用意されるものの中にカレンダーがあります。年が変わる磁気を目前に控えた年末においてカレンダーは非常に嬉しい手土産ですので、多くの企業に採用されています。しかしただ単にカレンダーを配るのでは芸がありませんので、殆どの企業は既成のカレンダーに自分の会社名や商品やサービスなどの名称、その他何らかの宣伝文句を差し込み印刷したカレンダー印刷を行っています。

その様なカレンダーは実際に採用されて使われることになると、向こう一年間は誰からも良く見える特定席で宣伝広告を行ってくれることになります。この様な効果を期待して多くの企業がカレンダー印刷に取り組んでいるのです。この目的で作成されるカレンダーの内、最も人気が高いのは壁掛けカレンダーと呼ばれるものです。サイズも大きく非常に目立つの特徴ですので、カレンダー印刷によってつくられる宣伝広告としては花型です。

しかしながら壁掛けカレンダーのニーズを十分に満たすだけのカレンダー印刷が行われているため、最近では配っても使われずに眠っているというケースもあるのです。そのため敢えて壁掛けカレンダーを採用せずに卓上カレンダーを作成する企業も増加傾向にあります。卓上カレンダーは机の上において利用する小さなカレンダーですので宣伝効果は弱いものがあります。しかし需要に関しては非常に大きいため、卓上カレンダーに注力する企業も少なくありません。