カレンダー印刷の目的について

年末年始になるとカレンダーの需要が増大します。このタイミングを狙って多くの企業がカレンダー印刷を行うのが日本の企業の特徴であると言えます。年末のあいさつ回りの際の手土産として人気の高いカレンダーに自社の名前やサービス名を印刷することで宣伝効果を狙うのが企業が積極的にカレンダー印刷を行う大きな理由です。この時に作られるカレンダーにはいくつかの種類がありますが、最も主流となっているのが壁掛けカレンダーです。

使用することが出来る環境も多く、大きな紙面があるために宣伝効果も大きいというのがその理由になっています。サイズもデザインも自由に決めることが出来ますので工夫のし甲斐のあるカレンダーであると言えます。しかし近年では同じようにカレンダー印刷を行う企業も増えてきており、限られた需要しかない壁掛けカレンダーは時として余剰分が発生してしまい使われないということもあります。そのため近年では新しい種類のカレンダーを作成する企業も増えてきています。

その新しい種類のカレンダーとして最も知られているのが卓上カレンダーです。机の上において使用する比較的小さなカレンダーですので壁掛けカレンダーに比べると宣伝効果は低いと考えられますが、その分数多くの需要が存在しています。机の数だけ需要があるとも言えますので使ってもらえる可能性が高いのが特徴なのです。他にも特別な相手へのカレンダーとして日めくりカレンダーが作られる場合もあります。