コピー機リースの注意点

法人企業では様々なメリットの多いコピー機のリースですが、全く何の注意点もないわけではありません。場合によっては購入など他の方法が良いケースもありますから気を付けておきましょう。まず、最初に書いたとおりではありますが、コピー機のリースは基本的に法人しか利用できません。一般の個人は言うまでもなく、たとえ事業を展開している個人事業主であっても利用できないことが常識となっていますから、誤解のないようにしておく必要があります。

また、これも利用したことのある人にとっては常識ですが、コピー機のリースでは新品しか利用できません。少しでも費用を節約できるだろうと思って、別に新品である必要はなく中古品でも構わないのでそのような製品を紹介して欲しいなどと申し入れても受け付けてもらえません。この仕組みと新品の利用は事実上のセットになっていると考える必要があります。本当に中古で良いというか、それを優先したいのであれば中古品を購入するか、あるいはレンタルの形で借りることになります。

また、定められた期間にわたって月々の利用料を本当に支払うことのできる経済力があるかどうか、審査があることも忘れてはなりません。現金の融資を受けるほどには厳しい審査ではありませんが、一方で購入する場合にはそのような審査など一切発生しないわけですから、その場面になって急に慌てたりすることのないよう、事前にしっかりと準備しておく必要があります。