コピー機のリース期間の設定

コピー機はあらゆる書類を瞬時に複製することができ、しかも大量であっても可能なのが大きなメリットといえます。しかし実際にコピー機をメーカーから購入する場合には、一度に多額の資金が必要となってしまい、会社の経営上もなかなか難しいといえます。そこで注目したいのがコピー機をリースで導入することであり、この方法であれば余計な初期費用もかからずに月間の料金だけを負担すればよく、経済的にはかなりメリットのある方法といえるでしょう。コピー機をリースする場合には、まずは契約を締結することになりますが、この場合の契約期間は法令による制約がありますので、減価償却資産の耐用年数をもとにして判断することになります。

通常は耐用年数と同じく5年間となりますが、法令上もある程度の幅をもたせていますので、たとえば5年よりも短い3年であったり、逆に長い7年であったりすることもあります。このようにリース期間が標準よりも長短がある場合にも、それぞれイレギュラーに設定するだけのメリットはあります。もしも通常よりも短い契約期間を選択した場合には、新製品にいちはやく機種を交換することができますので、グラフィックのように性能重視でリースをするときには役立ちます。反対に期間が長い場合は同じ製品をずっと使い続けることができるため、契約期間トータルでみたときの料金は高くなるにしても、毎月の料金は安くなりますので、負担感は少ないといえます。