コピー機のリース、レンタル、購入、各々の特徴

物品購入をする際、レンタル、リース、購入のメリットデメリットをしっかり把握しておくことが大切です。なるべく経費を節約したいのであればコピー機のリースが望ましいのですが、リースするには法人であるという縛りがあります。なぜそのような縛りがあるのかというと、リースは途中解約をすることができませんし、保守サービスへの加入が必須となっているからです。しかしメリットとして、経費計上できますし、最新式のコピー機を使用できますし、保守・修繕義務はユーザーの義務ですので定期点検をしないといけないのはデメリットかもしれません。

とはいえ業務用のコピー機は消耗品ということもあり、よく壊れてしまいます。定期点検をしないといけないにしても経費計上ができて、最新式のものを使用できるのであればメリットが上回るともいえます。ところでレンタルにもメリットはあります。コピー機の性能は中古品で中長期で使う場合、リースよりもレンタルのほうが割高であるとはいえ、繁忙期だけ借りたい時などスポット利用をするにはレンタルは便利です。

おまけにレンタルの場合も貸借料として経費計上ができます。何より法人登録をしなくても使うことができますので個人事業主の人にとってはありがたいかもしれません。法人登録していない場合、コピー機をレンタルするか購入するかは迷うところだと思いますが、購入すると減価償却も固定資産税も経費に計上できますし、契約に縛られず売却も譲渡も自由にできます。デメリットは初期費用がかかりますし、中古で購入する場合は不具合のリスクも考慮すべきです。