酸素カプセルのリース契約の特徴

酸素カプセルの導入を考えている人でリース契約をして使いたいと思う場合もあるでしょう。そのような場合、まずその特徴について理解しておかなければなりません。基本的な考え方からすると、リース会社は酸素カプセルの取扱店から商品を買い取り、一定期間にわたり一定の料金を支払うということを条件に顧客に賃貸するというものです。つまり、顧客にとっては長期間にわたる賃貸を意味することになります。

リース契約を利用することの最大の特徴は、何と言っても毎月のリース料金を経費処理できるということでしょう。購入した場合と比較すると、所有資産に伴う固定資産税の納付義務や減価償却の手続きも不要になるため、面倒な事務手続きをかなりの程度軽減させることができると言えます。また、酸素カプセルの導入を考えている会社の中には、信用力の不足が原因となって借入れが困難な場合があるかもしれません。そのような場合、設備機械などの購入資金を肩代わりしてくれる仕組みになっているため、借入れをせずに設備の導入が可能になると言えるでしょう。

さらに、借入れによって酸素カプセルを購入した場合、当然金利の影響を受けるものです。ところがリース契約をした場合、その期間中は固定であるため金利の変動によるリスクもありません。加えて、銀行からの借入れで酸素カプセルを購入しようとする場合とは異なり、審査手続きが簡略化されているため比較的容易に利用できると言えるでしょう。